March 18, 2006

ママチャリ

 本日午前のロード練習の後、ママチャリを購入しました。理由は、来週から出勤時間が少し早くなることになったのに対応するため少しでも時間短縮するためです。子供を保育園に送っていくのに使います。駅前や自宅マンションの駐輪場に置いておくのにあまりいい自転車だと盗難の恐れがあるのと、妻が夕方迎えに行くのに使用するということで、ママチャリとなりました。
 
 お店の人に重量を聞いてびっくり。なんと19kgもあります。持ちあげても重いですし、乗ってもペダルが重いです(体重9kgの息子が後ろに乗っていたというのもありますが)。やはりロードバイクとは別の乗り物だと改めて実感しました。

 それにしてもママチャリの値段がロードバイクのサドル一個分なんですよねー。ママチャリの感覚でスポーツバイクの値段を聞くとびっくりするのもうなずけます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 19, 2006

ランドセル

 今日はとても寒い一日でしたが、上の息子のランドセルを買いに出かけました。場所は鎌倉にお店のある「土屋鞄製作所」。会社の先輩からここのランドセルがいいとの話を聞いたので、早速webで調べたのですが確かに良さそう。今日お店に買いにいったというわけです。牛革や馬革製などもありましたが、やはり軽さを重視してクラリーノ製を選びました。値段(28000円)も重視して(笑)。スーパーで売っているものの安いグレードと値段が同じレベルであるにも関わらず、縫製などがしっかりしてそうなので、いいものが選べたと思っています。すでに幾つかの色や型は完売(2006年分)で、購入したものも家に送付されるのが3月下旬だそうです。下の息子の時にはもっと早く行かないと。

 せっかく鎌倉まで来たので、ついでに大仏さんも見てきました。最近孫悟空のお話を読んでお釈迦様を知っていますし、大きくて中にも入れるので子供達は大喜びでした。

daibutsu
鎌倉の大仏

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 14, 2006

Formio

 日曜日に息子の勉強机が届きました。Formioというブランドの机と椅子のセットで、引き出しも合わせるとなんと20万円!!身長に合わせて机と椅子の高さが調節でき、大人になっても使えるというデザインです。7年ほど前からずっと同じデザインで製造を続けており、これからも続けるようです。ベネッセも同じような(デザインもほぼ同じ)コンセプトの机と椅子をカリモクと共同で開発し去年あたりから販売しているようですが、おそらくこのFormioの影響もあるかと推測しています。こちらのほうが少し安いのですが、サイズが一回り大きいので狭い我が家では厳しいのです(笑)。
 息子は大喜びで、早速机で本を読んだり字を書いたりしています。勉強をする習慣が身につき、一生大事に使ってくれるのであれば、長い目で見て20万円の投資も無駄ではないだろうと考えています。しかしながら、これでお父さんの自転車への投資はしばらく延期ですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 14, 2006

英会話

 最近上の息子が土曜日に英会話に通っています。小田急相模原駅前の「マミーズ英会話」です。ここのシステムは普通の英会話学校とちょっと変わっていて、近くにある米軍住宅に居住している米国人(先生)を紹介しており、そのお宅でマンツーマンで教えてもらうというもの。結構教えてくれる先生がいて、今日は3人目。元幼稚園の先生や、元小児科の看護婦さんなどなど。今日の先生はその元看護婦さんで、ご自身も小学校の息子さんがいるので、昔使った絵本などを教材に色々とやさしく教えてくれたそうです。
 一週間で1時間程度なのでそんなに英語が身につくとは思えませんが、せっかく一年間英語環境にいたことですし、英語に親しんでもらえたらということで通わせています。米軍住宅のお宅は日本にいながらまさに「アメリカ」の環境だそうです。最初は嫌がっていた息子も今日は戻ってきてから「楽しかった」と言っていました。妻いわく、世間話をするので親もいい勉強になるとのことです。そのうち私も通おうかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 26, 2005

双眼鏡

 上の息子にそれとなくクリスマスプレゼントに欲しい物を尋ねたところ、「望遠鏡か顕微鏡」と答えました。おいおい、5歳で望遠鏡は早すぎるのでは?と驚いてしまいました。どうやら私の母親が「おもちゃは沢山あるし、来年は小学校だから勉強になるものをお願いしないとね。」と入れ知恵していたようです(笑)。
 24日の夕方にヨドバシカメラに仕込みに行ったところ、望遠鏡がえらく高価なのに驚きました。10万円ぐらいは平気でするのです。100万円する自転車もあるぐらいだから、理解はできます。しかしながら5歳の息子に10万円はちょっと無謀です。なんといっても扱いは乱暴だし、すぐ飽きてしまう可能性も高いですから。ということで周りを見渡したところ、双眼鏡がリーズナブルな価格で売っていました。
 色々とチェックしているうちに、値段といい性能といいなかなかいいものを見つけました。Vixenというメーカーの「アスコットSW 10X50」(定価21,000円)です。倍率10倍、実視界8.5°の超広角で、視野が広いので狭いレンズを覗いている感じがしません。これなら子供でも対象を容易に見つけられそうです。しかも3脚に取り付けるアタッチメント(ビノホルダー)もあるので、フィールドスコープのように固定して動物を観察したりできます。

 さて25日の朝、息子は大喜びでした。早速色々と眺めていて、公園にも持っていったようです。何を見たか尋ねると、「カラスを見た」でした(笑)。次は野鳥のいる公園か富士サファリパークにでも連れて行ってあげようかと思っています。

p.s. 会社の先輩で星の観察が趣味の方に話しをしたところ、まずまずの選択とのこと。みなさんよく倍率の高さに惹かれるそうですが、ちょうどいいのは7~8倍だそうです。それ以上は対象物を探したり、固定するのが大変になります。そしてレンズも大きいほうがよく、(倍率の数字)mmぐらいのレンズサイズがないと光量不足で暗く、視野も狭くなるのだそうです。アスコットSW 10X50はレンズサイズが50mmもあるので広角で見やすいのです。あと、子供には絶対太陽を見ないように注意しなさい、とアドバイスもいただきました。確かに倍率の高いレンズで太陽を見るのは危険ですね。

ASCOTSW10x50_BIG
アスコット SW10x50 (Vixen社のホームページより)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 02, 2005

保育園の運動会

 土曜日は息子達の運動会でした。天気は快晴すぎで夏のような暑さでした。上の息子は年長組みなので体操、鈴割り、大玉ころがし、綱引きなど色々な種目をこなし、さすがに来年は小学生になるだけのことはあるなーと関心してしまいました。下の息子は神輿担ぎぐらいでした。
 お父さんは早朝からテント設営に万国旗飾り、本番は父兄による綱引きとメインジョブであるビデオ撮影、そして終了後は片付けと大忙しでした。さすがに家に戻ってから2時間ほど昼寝をしてしまいました。子供達も夕方から次の朝まで爆睡でした。

sakadachi
上の息子の逆立ち。もちろん先生の支えが必要。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 14, 2005

こどもの国

 子供達を連れて横浜市青葉区にあるこどもの国に行ってきました。子供達は実家に戻ってからというもののプールにはまっており、どこに行きたいか尋ねると決まって「プール」と答えるのです。ということで、広い屋外のプールを目指してこどもの国に行ったというわけです。
 ここのプールは7/16-8/31の間開いており、料金は入園料と合わせて大人1100円、幼児350円です。深さが20cm,30cm,90cm,100cmぐらいのいろんなプールがあり、しかもウォータースライダーなどもありました。子供達は大喜びで泳いで(水遊び?)いました。

pool
こどもの国のプール


 この遊園地は他に大きな広場、ちょっとした遊具施設、牧場、ボートなどもあり、一日では足りないくらいの広さです。バッタを捕まえて籠に入れて持って帰ってきたのですが、そんなことも含めて子供達はとても気に入ったようです。また来週も行くかもしれません(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 22, 2005

サマーキャンプ

 5歳の上の息子が保育園主催の「サマーキャンプ」に行ってきました。行き先は山梨県白州の「尾白の森・名水公園 べるが」です。ここ白州はサントリーのウイスキー工場もあり、「南アルプスの天然水」が製造されるほど水の美味しいところです。子供達は公園で川遊びやスイカ割り、夜は花火、そして合宿所で宿泊しました。次の日は山梨県立科学館を見学して夕方戻ってきました。自然にたくさん触れ、友達と宿泊するのはいい経験だったと思います。

 白州のウイスキー工場は自転車であの近辺にいくたびに見学しました。もちろんお目当ては見学後の試飲(笑)。尾白の森は大学のクラブの先輩たちや妻と一緒にハイキングやキャンプをしたこともある思い出の場所です。今回下の息子は行けなくて残念がっていたので、また機会を作って連れて行ってあげたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 19, 2005

相模川自然の村公園

 どうやらやっと梅雨明けしたようですね。暑い一日でした。

 今日は妻のいとこの家族と共に「相模川自然の村公園」に行きました。相模川のそばにあり、足首ぐらいまでの深さの人口の小川で水遊びが出来るようになっています。周りは芝生や少しばかりの木があり、そこで昼寝をしたりお弁当を広げたりできます。子供達こういうの大好きですし、溺れたりする心配もないですから毎年連れて来ていたのですが、今年はいとこ一家も参加してくれました。
 木陰にシートを広げてお弁当+少量のビールを楽しみ、子供達と一緒に川で水鉄砲で遊んでいましたが、そのうち大人4人のほうが夢中になっていました(笑)。

公園の風景と紹介はこちらがよく出来ています。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

June 17, 2005

おじぎそう

 上の息子の「何故?」にはよく悩まされます。今彼はオジギソウを種から植えて育てているのですが(ベネッセ子供チャレンジの付録です)、最近おじぎをするぐらいにまで大きくなったので、触りまくっています。そして、いつものごとく「オジギソウは何故おじぎをするの?」と質問してきました。

 早速ググってみたところ、何故か不動産関係のサイト「at home web」の中の「こだわりアカデミー」のコーナーに引っかかりました。その中で解説している土屋教授によると、

  「オジギソウは触れられた時に動物の神経と同じく電気信号が伝わり、折れ曲がる場所の細胞のたんぱく質構造が変化し、その周辺の水が移動して折れ曲がる」

だそうです。なんとあのダーウィンもオジギソウに注目していたとのこと。勉強になりました。ちなみにこの解明結果は科学界でもっとも権威のある雑誌「ネイチャー」にも掲載されたようです。すごいですね。
さて5歳の息子にどう説明しましょうか。

ojigisou

我が家のオジギソウ。夜なので葉が閉じています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧